・革工房Rigelについて



“日常に彩りを添える”世界に一つの革作品をお客様と共に作り上げる。
をコンセプトとしたオーダーメイド専門の革工房です。

『自分だけの世界に一つの革作品が欲しい』
『大切な方へ他にはない特別な贈り物がしたい』
『既製品では気に入ったものが見つからない』

様々な理由からお越しいただくお客様の“想い”をカタチにするのが革工房Rigelの仕事です。

自分だけの“希望”を詰め込んだ革作品と日常を共にする喜び
“想い”を込めた革作品を特別な方に贈る喜びを味わって欲しい。

そんな想いで日々オーダーいただいたお品を一針一針お仕立てしております。


オーダーメイドの流れ】はこちらから



・作家紹介



松下 歩
Ayumu Matsushita
1987年2月23日生まれ 北海道札幌市出身

大学生時代に初めて履いたワークブーツがきっかけで革の魅力を知ると同時に、“ものつくり”の世界にも興味を持つ。大学卒業後一般企業に勤める傍ら革靴作りを学び、その後独学で鞄や財布などの革小物作りも始める。
2016年6月に北海道小樽市にて『革工房Rigel』をスタート。
2018年2月より現在の札幌市西区宮の沢の工房へ移転。


「革という素材には動物が生きた証”が模様のように描かれています。         
それと同時に、革には自分の生きている証”を描くことも出来きると私は考えています。         
手にした革製品と共に過ごすうえで、手の脂が浸み込んで革にツヤが出たり、色合いに深みが増したり 。      
その反面、どこかにぶつけて傷が付いたり、水にぬれてシミができたり。         
または、こまめに手入れをして革のエイジングを楽しむ人、ほとんど手入れをせず自然な経年変化を楽しむ人。         
人それぞれ違うライフスタイルや革に対する接し方で、描かれる模様に同じものは一つもありません。 
『Rigel』ではそんな革という素材の魅力を最大限引き出していけるような作品つくりを心掛けています。」

 

【オーダーメイド作品集】はこちらから

 

・牛ヌメ革の特長


革工房Rigelでは素材に姫路産の『牛ヌメ革』を使用しています。

ヌメ革とは植物の渋に含まれるタンニンを使用して原皮を鞣しており、塗装等の表面加工がされていない革の事をいいます。

数ある革の種類の中で最も『革本来の風合い』を楽しむことができ、染色の際には染料の色を素直に引き出してくれますので、すべての作品に使用する革を一つ一つ手染めしている当工房にとって魅力的な素材です。
また、表面加工が施されていないため、動物の『生きていた証』でもある自然なシワやキズがそのまま残っている場合があります。
目立つシワやキズがある部分はハイブランド等の既成の革製品では使用を敬遠される傾向にありますが、オーダーメイド専門の当工房の場合、ご依頼主様によっては敢えて
「シワの目立つ場所を作品に使用したい」
「この傷を鞄の目立つ場所に配置したい」
という声もあり、オーダーメイドならでは作品を生み出す為にも最適な素材と言えます。

ヌメ革の最大の魅力は使い込むことで革の色合いが深くなり、ツヤが増していく『経年変化』をハッキリと楽しめるところです。
革の経年変化は、その人のライフスタイルや使い方によってそれぞれ違った変化をしていきます。
革製品と『共に生きた証』が日々刻まれ、使い込むほどに愛着が湧き、丁寧に使い込んであげれば何十年も共に歩むことができます。

革工房Rigelでは
そんなヌメ革の持つ魅力を最大限に活かしたオーダーメイドの革製品を心を込めてお作りしております。
世界に一つの革製品をあなたの手で大切に育ててあげてくだされば嬉しいです。


一枚一枚個性のある革を、これからお作りさせていただくオーダー作品を思い浮かべながら、直接目で見て、手でさわって、じっくり考えながら仕入れています。

 

革色・糸色のサンプルとオーダー価格目安】はこちらから



・工房へのアクセス


 

○所在地
〒063-0052
北海道札幌市西区宮の沢2条3丁目15-15-2
駐車場有り
最寄駅:地下鉄宮の沢駅徒歩15分
    JR発寒駅徒歩20分

○営業時間
11:00〜19:00
不定休

○電話番号
090-7518-7991

○E-mail
info@rigel-leather.net

○当ホームページ内のお問合せフォームからもご連絡いただけます。

お問合せ】はこちらから



○当工房にお越しいただく際...
基本的には常時工房におりますが、まれに留守にしている場合や レザークラフト体験開講中でご対応出来ない場合がございます.
お越しいただく際は出来れば事前にお電話かメールにてご連絡いただきますようお願い致します。